読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれをつきとおす

気ままにいろんなことを書いてく日常。

あれこれをつきとおす

【WoT】フリーカメラMODの導入方法と操作方法

World of Tanksには「フリーカメラMOD」という、普段とは違ったアングルで撮影するためのMODが存在します。今回はそのMODの導入方法、操作方法について紹介します。

f:id:keshitaka:20170307220723j:plain

はじめに

ここ最近、フリーカメラMODの詳しい使用方法が書かれている日本人のブログが少ないと感じたので、メモ的な感じで残しておくことにしました。

導入などはすべて自己責任でお願いします。

今回導入を行ったWoTのバージョンは9.17.0.1です

導入方法

一つ注意しておきたいことが、このMODを導入した状態でのゲームのプレイ(ランダム戦など)はBAN対象になってしまうことです。

なので、

フリーカメラMOD用にもう一つのクライアントを用意しておく

もしくは

ランダム戦などをする時はフリーカメラMODを外しておく

ようにしてください。僕自身としては前者を推奨します。

ここからは自分が行った方法です。

 

フリーカメラMOD用クライアントをインストール

新しくフリーカメラMOD用クライアントのフォルダを作成して、そこにインストールしてください。

f:id:keshitaka:20170307215532j:plain

フリーカメラMOD導入

こちらから「avatar_input_handler.xml」をダウンロードし、

先ほどインストールしたフリーカメラMOD用クライアントのフォルダの中(res_mods\最新のバージョン\gui)に入れてください。「gui」フォルダが無ければ、新しく作ってください。

これで導入は完了です。

でも、このままではリプレイを起動しても通常クライアントのままで起動してしまいます。なので、リプレイファイルの既定のプログラムファイルを変更しましょう。

f:id:keshitaka:20170307230530p:plain

f:id:keshitaka:20170307230533p:plain

f:id:keshitaka:20170307230803p:plain

f:id:keshitaka:20170307230546p:plain

 

これでリプレイを起動しても通常クライアントじゃなくフリーカメラMOD用クライアントで起動しリプレイを再生できます。

操作方法

続いては操作方法について説明します。現時点で使える便利な機能を紹介していきます。

カメラの移動

主に「W」「A」「S」「D」「Q」「E」を使用します。

左から順に、前進、左方向、後退、右方向、上昇、下降です。

カメラの向きの変更

マウスで視点操作が可能です。

カメラの移動スピード変更

数字キー「1」~「0」までを使ってカメラのスピードを変更できます。右側へ行くほど移動が速くなります。マップが広い場合は一気に移動できて便利です。カメラの位置を微調整したい場合にも便利です。

カメラの動きを滑らかにする

「P」キーを押すことによって、カメラの動きを滑らかにできます。動画撮影用に便利ですね。

視野の変更

キーボードの右側の「page up」キーと「page down」キーによって調節できます。

 

通常

f:id:keshitaka:20170307222043j:plain

 

視野を広く

f:id:keshitaka:20170307222144j:plain

 

視野を狭く

f:id:keshitaka:20170307222207j:plain

カメラの回転

テンキーの「2」と「3」によって変更できます。

f:id:keshitaka:20170307222616j:plain

追従機能

追従したい戦車に照準を合わせて「C」キーを押します。それから再生すると、戦車を追従できます。

最後に

かなり便利なMODだと思います。皆さんも使ってみてはいかがでしょう?

f:id:keshitaka:20170307231043j:plain

f:id:keshitaka:20170307231050j:plain

f:id:keshitaka:20170307231105j:plain

f:id:keshitaka:20170307231111j:plain

f:id:keshitaka:20170307231119j:plain

※僕が撮影しましたw

広告を非表示にする